*TeaRepo*「イギリスから“ケニアから英国伝統のブレンドティーを”」

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・

こんにちは、りりぃです(`・ω・´)

今回は新しく紹介するブランドさんで…

ゾウさんのロゴやパッケージデザインで有名で

                          140年以上の長い歴史を持ち

    東アフリカのケニアで多くの茶園を経営しながら、

       農家さんとのフェアトレードでの茶葉の取引を

                                         世界で率先して行なっている

英国の老舗高級紅茶ブランド

           “ ウィリアムソン ティー”さんから

〝ケニアの茶葉だけでブレンドした

      イングリッシュ ブレックファーストティー〟の

                              ティーバックを紹介致します(*´ω`*)

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・

   「 ウィリアムソンティー
   〜イングリッシュブレックファースト 〜」
[ Williamson Tea
            * English Breakfast *]
From…British🇬🇧

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚

それは1869年…

インドはアッサム地方にて大規模の茶園を経営していた
ジェームス・H・ウィリアムソン氏と
カルカッタにある高級ホテルの経営をしていた
リチャード・M・B・マゴー氏が共同出資で誕生した

“ウィリアムソン・マゴー社”から続く
長い歴史を持つ英国の老舗紅茶ブランドです。

今では、ケニアの自営の農園で栽培した茶葉を使った
紅茶で有名ではありますが

創業当社はすでに経営していたアッサム地方を中心に
ダージリン地方でも茶園の開拓を始め
そして石炭などの他の事業もしながら
世界大戦や世界恐慌などの荒波を乗り越え
1930年代には、大きなグループとなり
紅茶界隈では強固な地位を築いていました。

そして創業者双方の家族でグループを経営しながら
このウィリアムソン・マゴーを守り続け

1987年には
今はインドなどのアジア圏で多くの茶園を経営し
小さなブランドを買収しては大きく成長させいる
“マクロードラッセルグループ[Mcleod Rassel]”
を買収すると共に
世界で最大の民間茶葉生産者となりました。

そして、創業者である
ジェームス・H・ウィリアムソンの子孫である
ジョージ・ウィリアムソンは
この時期から東アフリカでの茶園の取得と経営を始めながら
今のウィリアムソンティーの礎を築き始め

2000年からウィリアムソン・マゴー社から独立して
現在のウィリアムソンティーがあります(*´ω`*)

“ウィリアムソンティー
-Williamson Tea- ”
https://www.williamsontea.com/

ウィリアムソン・マゴーの歴史については、
Williamson Magor&Co LEDのhistoryから
まとめさせて頂きました(英文)
http://wmtea.com/index.html

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

【インドやスリランカの茶葉に負けない
      パンチのあって美味しいブラックティー 】

ケニアの中部にあり
標高の高い山々のある
“Kapchorua(カプチョルア)”
にある農園で作られた茶葉で作られた
紅茶をメインにブレンドされた
イングリッシュブレックファスト

深く明るい褐色に
芳醇でコクのある香り

それは口にしても一緒で

芳醇でコクのある香りが広がり
苦味はなくて
渋みが強めではあるけれど
それが味わい深いコクとなって

ブラックティーでは、
覚醒を促してくれて(`・ω・´)

ミルクティーでは、
安らぎを与えてくれます(*´ω`*)

✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽

【 商品の詳細情報 】

  ( 発売元 )
《 Williamson Tea 》
  ( 輸入業者 )
《 有限会社ボーアンドボン 》
   ( 原材料 )
《 ケニア・カプチョウア地方産紅茶茶葉 》
( 価格*from.Amazon.jp )
1箱 419円
   ( 内容量 )
約2.2g×20パック
*こちらのティーパックは小包装ではなく、
大きな袋にティーパックが入ったタイプになります。

✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽

*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

【お勧めの淹れ方
     *ツイスティー1本(ティーカップ2杯分)】
(ティーパック1つでの抽出時間
ストレートの場合 5分、ミルクの場合も同じ )

*お湯は熱湯で!
お水は硬度20mg/L以下の軟水を。
*抽出が終わったら、角砂糖1つ(3gくらい)を入れると
紅茶の味がまとまって、
風味や味わいが感じやすくなります。

*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

【マグボトルで作る時のお勧めペアリング】
*作り方については、こちらの記事から
「りりぃ流・美味しい携帯用の紅茶の作り方

シンプルに2つ入れての
アッサムのストレートのブラックティーで
食事のお供にするのも良いけれど

あえてチャイティーのものと合わせて
濃厚で刺激的なミルクティーにするもの
お勧めです♪♪

✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽

ということで、今回はここまで♪

では、皆さまのティータイムが

よりよいものになりますように…(*´ー`*)

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・

“ わたしのブログ全体の感想 ”や“ 優しい支援 ”、
“ 「紹介して欲しい」
「私からお勧めしたい」のお菓子や紅茶 ”など
もしありましたら、
下のページにて、残していただけると励みになります(#^.^#)✨
* A chip & Message for Me *

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・

†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†

【 今回、お勧めの商品たち 】

1.2.

1. ウィリアムソンティー
    〜イングリッシュブレックファースト〜
                       From.Amazon.jp
2.ウィリアムソンティー
   〜ファインイングリッシュブレックファースト〜
                          From.Amazon.jp

†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†

2019/04/02 writing by “ Lily ”

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。