*Collection*「ヴィクトリアン プディング “メイド長と料理長の指南書”」

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・

こんにちは、りりぃです(`・ω・´) ✨

  今回は何を綴ろうかと思った時に
      ふと見つめたわたしの本棚…

img_5880

 これは、わたしのお菓子の研究のために
            集めている本たち

もちろん日本の有名なパティシエの方がまとめた
      専門的なレシピの本もあるのだけれど

 それだけでは物足りなくなっちゃって💦

  最近は、海外のレシピ本も集めて
       読んでたりしてます(*´ω`*)

  その中から今回は
     わたしの大好きな英国
 ヴィクトリアン朝時代に出版された本の復刻版を
                  ご紹介します♪♪

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・

出版・GEORGIANA HILL
著者・Richard Bentley & Son
【 A YEAR OF VICTORIAN PUDDINGS
     Traditional Tarts, Pies and Puddings
                              for EveryDay of the Year】
  〜”Everybody’s Pudding Book” from,1862 〜
本題「ヴィクトリアン プディングの一年」
   〜年間通しての古典的なタルトやパイ、プディング〜
原題「みなさまのプディング ブック」

img_5881

img_5882

この本は、ヴィクトリア朝中期の時代に
  リチャード・ベントレー&ソンによって綴られた

大きな貴族のお屋敷を取り仕切る
  メイド長と執事、
     そして料理長のための本です(*´ω`*)✨

  ・:..。o¢o。..:・・:..。o¢o。..:・・:..。o¢o。..:・

当時はまだ電気もなく、
  多くの食材には手に入る期限などの制約のある時代…

 そのなかで、月々にしか手に入らないものと、
   ドライフルーツなどの長期保存できるものを使って
  毎月やってくる会食などのイベントに対して
        どのようにして対処していくかという、

    当時にとっては大きな問題について…

  その月の社交界や食糧事情の情勢と
    一番適している料理のレシピを月別に添えて
                紹介されています(*´ω`*)

✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽

  全部英文ではあるけれど……

 でも当時のことを知りながら
       英語の勉強も出来て、
 あと当時のレシピの本を読むにあたっての

  食材の重さや量を
現代の数値に換算できる出来る早見表と

  ざっくりと書かれたオーブンの温度を数値化した表を

    最後に掲載されているので
 そのレシピを使って
当時の料理も作ることができます♪♪

 ただ、レシピの多くに関しては、
  熟練の経験と知識のあるパティシエじゃないと
         理解出来ないという欠点(´・ω・`)

 でも、そのなかでも
【 Bread-and-butter pudding, baked 】は、
     作ってみてとても美味しかった(*´∇`*)✨

img_5883

 

これは、いつか記事にして
   紹介出来たらいいなっと考えてます♪

 この本は、Amazonにて
  Kindle版で販売もされているので
   もし興味がある方は、試し読みも出来るので
       一度ご覧になってみてくださいな(#^.^#)✨

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・
“ わたしのブログ全体の感想 ”や“ 優しい支援 ”、
“ 「紹介して欲しい」
「私からお勧めしたい」のお菓子や紅茶 ”など
もしありましたら、
下のページにて、残していただけると励みになります(#^.^#)✨
* A chip & Message for Me *
*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・
†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†
  【 今回、お勧めの商品たち 】
         *from Amazon.jp
1.51hUAKZT1sL._SL250_   2.51Jpl0UbG6L._SL250_
1.kindl版 [ A YEAR OF VICTORIAN PUDDINGS ]
2.書籍版 著者.シェーン エヴァンス 翻訳.村上リコ
[ 図解メイドと執事の文化誌 ]

†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†⌒*:;;:*⌒†

*Collection*「ヴィクトリアン プディング “メイド長と料理長の指南書”」」への5件のコメント

  1. はじめまして(^^♪
    ダウントンアビーみたいな人達が食べていたのでしょうかね?
    見当違いでしたら、すいません( ;∀;)

  2. やはり、そうでしたか~(^^)/
    私は最初を見逃してしまったのですが、今、BSでシーズン1が始まったので、見始めています(^^♪

  3. おぉ!そうだったのですね!!自分は全シリーズを観てて、ストーリーも良いのだけれど、お屋敷の家具やドレス、料理やお皿など、、、当時を忠実に再現するためにいろんな努力をされているので、そこのところにも注目すると楽しいですよ(*^ω^*)!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。